本文へスキップ

松下英治

千葉県流山市を拠点に、幕末史の研究および新選組行事の企画運営、関連行事への参加などの活動をおこなっています。

平成15年以前は幕末史にはまったく興味が無かったため、創作物の影響をほとんど受けていません。持ち前の集中力で、歴史分野以外の様々な活動経験を活かし、多角的視野から史料などを分析、通説とは異なる史実を解明・推定しています。東京23区内の幕末史跡千ヵ所踏査をはじめ全国各地を巡察、剣術訓練による体験、地図分析や詳細年表製作による時代背景の分析などを基に、新選組通史を再検証。新たな通史の発信を目標にしています。

Profileお知らせ

現在の活動と先祖のルーツ
東京都出身。千葉県流山市在住。
新選組倶楽部 代表(新選組流山隊 隊長)
株式会社アーテック 代表取締役(広告物製作・イベント企画)。
流山市観光協会副会長。流山市商工会議所常議員/おおたかの森支部副支部長。
豊臣秀吉が最初に奉公した松下嘉兵衛一族の末裔と伝わる。
直系の先祖は、遠江(現・浜松市)から長野県泰阜村に移住と推測され、明治期に飯田市移住、両親とも飯田市出身。
母は、旭村(現・愛知県豊田市)の日影安藤家。
経歴
5歳で流山転入、地元小中高校を経て、日本大学法学部卒業。
高校卒業後は、作詞作曲演奏活動を行い、柏駅前路上ライブの魁けとなる。
自動車販売会社営業・本社勤務を経て、1994年株式会社アーテックを設立。
広告物全般(デザイン・印刷・看板・WEB・販促品)を製作するノウハウを活かし、
市民活動や地元行事の企画運営と発信に関わり、青年会議所県役員や市総合計画審議員なども歴任。
幕末関連活動
2003年、新選組を通じて流山を全国に発信するため「新選組流山隊」を結成。
隊士装束での殺陣演武をはじめビジュアルパフォーマンスを用いながら、
各地の行事に参加し、子孫や関係者・ファンとの交流など、総合的な新選組活動を行う。
幕末50年前〜明治維新(文化元年〜明治2年/1834-69)の時代背景を探求し、
史料解読や史跡踏査などに基づき、新選組の通説の矛盾を解明した研究成果を発信。
幕末史に興味が無かったため、『燃えよ剣』をはじめとする創作物(映像・小説)は未見。
著書
「新選組流山顛末記」(新人物往来社2009年)
「新選組と流山完全ガイド」(崙書房2004年)
「戊辰戦争を歩く」「新選組を歩く」(光人社・共著2010年/2011年)
「歴史読本・新選組15大事件の謎」(新人物往来社・寄稿2012年9月号)ほか。